清野菜名、ナゴヤドームで始球式!

清野菜名さんがナゴヤドームにて中日—横浜DeNA戦の始球式を務めました。以下レポートを掲載します。

【日 程】 8月28日(木) 【場所】ナゴヤドーム(愛知県名古屋市)
【試 合】 中日ドラゴンズ ー 横浜DeNA
【登壇者】清野菜名
kiyono1_shikyushiki.jpg

本作でヒロインのスンミを演じる清野菜名がナゴヤドームで行われたプロ野球・中日ドラゴンズー横浜DeNA戦で始球式を務めました。
愛知県稲川市出身で大の中日ドラゴンズファン。映画では側宙や回し蹴りといったアクションシーンもノースタントで演じ、持ち前の身体能力の高さを活かした演技が注目されています。

初めての始球式とあって、前日に投球の特訓をして挑みました。
場内アナウンスがされ、真っ赤なミニスカートとSARU Tシャツの出で立ちで、中日のマスコット・ドアラと一緒に、マウンドに上がると、場内からは割れんばかりの歓声が。
アンパイアのかけ声がかかり、中日ドラゴンズ選手兼監督の谷繁捕手を相手に始球式がスタート。
持ち前の運動神経の良さを発揮し、足を高々と上げ、腕を振り切る女性とは思えない投球フォームを披露しました。
注目された投球は、ボールこそ捕手手前でワンバウンドしましたが、その男性顔負けの華麗な投球フォームに中日ドラゴンズのベンチからは驚きの声が上がりました。球団関係者も「これまで色々な方が始球式に来られましたが、これだけの投球フォームで投げられる方はなかなかいない」とコメント。

無事投げ終えて、感無量の清野は「球場の独特の雰囲気にとても緊張しました。もっと特訓をして、
また機会を頂けたらストライクを投げたいと思いますが、とても楽しかったです!! 『TOKYO TRIBE』
劇中での蹴りやパンチと同様に、大きく振りかぶったフォームで投げようと意識しましたが、今日は、投球に集中してしまったので、パンチラは劇場で(笑)」とコメント。

中日ドラゴンズの中では、森野のファンということもあり「目の前に森野さんがいる!」と大興奮。
「森野さんのアップしている姿がすごくかっこ良かった」と終始、興奮冷めやらぬ様子でした。
kiyono2_shikyushiki.jpg
映画『TOKYO TRIBE』公式サイト
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR